アルバイトを始める手順

アルバイトを始める手順を説明します。むずかしいことはなにもありません。

アルバイトの始め方ですが、まず最初にアルバイトを探します。そして、やりたいアルバイトが見つかったら応募をします。そして面接をしてもらいます。面接のあと、採用されることになれば採用の連絡がきます。

採用の連絡がきたときに、勤務する日についての話があるので相談をして勤務日を決めます。これでアルバイトを始めることができます。

流れ

アルバイトを探す
応募する
履歴書を書く
面接
採用の連絡

アルバイトを探す

アルバイトを探す方法を説明します。アルバイトは求人雑誌やアルバイト情報雑誌、アルバイト情報サイトなどを利用して探します。今は、簡単にすぐに探すことができるアルバイト情報サイトを利用する人が多いと思います。

アルバイト情報サイト

応募をする

アルバイト情報サイトでやりたいアルバイトを見つけたら、応募をします。アルバイトの募集に応募をして面接をしてもらうわけです。応募はメールでできる場合もありますが、電話で応募するのが一般的です。応募の電話でどういうことを話したらいいのか説明します。

「アルバイトの募集についてお聞きしたいのですが、担当のかたはいらっしゃいますでしょうか」
担当者「お待たせしました、担当の○○です」
「アルバイトの募集を見てお電話しました○○ともうします。アルバイトの募集はまだしているでしょうか」
担当者「はい募集中です」
「働きたいと思っているので面接をお願いします」

このあとは、面接の日についての話をするだけです。都合のいい日を伝えるなどして面接日を決めてください。

履歴書を用意する

面接日が決まったら、面接のときに持っていく履歴書を用意しましょう。履歴書はコンビニや文房具店などで購入することができます。値段は数百円くらいです。そして、履歴書には顔写真を貼らなければいけないので、履歴書用の写真を用意して貼り付けましょう。履歴書用の写真は証明写真機などで撮影することができます。料金は数百円くらいです。

履歴書の写真を撮影する場所

証明写真機は駅や大きな商業施設、スーパーなどに設置されています。自動で撮影してくれる機械なのでプリクラみたいに気軽に利用することができます。

面接

次に、面接について説明します。まず面接のときの服装はなるべく地味な服装がいいと思います。アクセサリーなどはつけないほうがいいと思います。

面接場所には約束時間の10分前に着くようにしましょう。面接場所に着いたら携帯電話の電源を切るなどして音がでないようにしておいたほうがいいです。

面接する場所に入ったら、その場にいる人に「アルバイトの面接にきました○○ともうします」と言ってください。そうすると面接をする部屋に案内してくれたり、担当者を呼んできてくれたりします。

面接のときのNG行動

アメを舐める・ガムを噛む
携帯電話を触る・電話をする
足を組む・貧乏ゆすりをする

面接では担当者から質問をされるので、ハキハキと答えるようにしましょう。難しい質問をされることはないので、リラックスして素直に答えたらいいと思います。

採用の連絡

採用されることになった場合、担当者から採用の連絡がきます。その連絡のときに、いつから勤務することができるか聞かれるので都合のいい日を伝えて初勤務の日を決めてください。これでアルバイトを始めることができます。

アルバイト情報サイト

アルバイト記事

アルバイトを始める手順
アルバイトの面接でコレをやると合格率が上がる!
アルバイトの制服を返す手順
居酒屋で働くアルバイトへの罰金やペナルティは違法
アルバイトの始め方【バイトを見つける方法~採用までの流れ】
アルバイトを始めたい人にバイトを始める方法を説明します
アルバイトの探し方【簡単にバイトを探す方法】
アルバイトを探したい人におすすめのアルバイト情報サイト
アルバイトを始めたい高校生にバイトの始め方を説明します
大学生・専門学生がアルバイトを始めるには【バイトの始め方】
高校生はアルバイトをいつから始めたらいいのか【高1高2高3】
すみませんと謝ることができない人は接客が無いバイトを選ぼう
バイトの面接に受からない理由は気持ち悪いからかも?【不採用】
アルバイト「つらい・きつい・辞めたい」なら辞めよう
オープニングスタッフのアルバイトがおすすめです