バイトの面接に受からない理由は気持ち悪いからかも?【不採用】

何度もアルバイトの面接をしてもらっているのに、まったく採用されないのは、もしかしたら気持ちが悪いからかもしれません。

気持ち悪い

たとえば、服装や髪型が変だったり、貧乏ゆすりが激しかったり、しぐさが変だったり、話し方が独特だったり、会話が噛み合ってなかったり、臭かったりすると、気持ち悪いと思われます。

他人からどう思われるか

採用をするかどうか決める人は、この人が、お客さんや仕事場の同僚から、どう思われるかというのも考えています。わざわざ気持ちが悪い人を雇う人はいないと思います。

接客が無いバイトを選ぶ

接客業は、気持ち悪さがあると、ほぼ採用してもらえません。気持ち悪さがあるかも?と思う人は接客が無いアルバイトを選んだほうがいいと思います。

アルバイト情報サイト

関連記事

アルバイトを始める手順
アルバイトの面接でコレをやると合格率が上がる!
アルバイトの制服を返す手順
居酒屋で働くアルバイトへの罰金やペナルティは違法
アルバイトの始め方【バイトを見つける方法~採用までの流れ】
アルバイトを始めたい人にバイトを始める方法を説明します
アルバイトの探し方【簡単にバイトを探す方法】
アルバイトを探したい人におすすめのアルバイト情報サイト
アルバイトを始めたい高校生にバイトの始め方を説明します
大学生・専門学生がアルバイトを始めるには【バイトの始め方】
高校生はアルバイトをいつから始めたらいいのか【高1高2高3】
すみませんと謝ることができない人は接客が無いバイトを選ぼう
バイトの面接に受からない理由は気持ち悪いからかも?【不採用】
アルバイト「つらい・きつい・辞めたい」なら辞めよう
オープニングスタッフのアルバイトがおすすめです