ビットコイン取引をするときに必要な資金【お金・金額】

ビットコインの写真です

ビットコイン取引に必要な資金ですが、ビットコイン取引所の最大手ビットフライヤーの場合、最低取引単位は0.001BTC(ビットコイン)なので、1ビットコインが10万円なら100円、1ビットコインが100万円なら、1000円から取引をすることができます。

1ビットコインが
10万円なら100円
100万円なら1000円

実際に、最低取引単位0.001BTCで取引する人はいないと思いますが、やろうと思ったらそのくらいの少ない金額で取引ができます。

ビットフライヤーとは

bitFlyer(ビットフライヤー)は、仮想通貨の販売所・取引所です。最大手の取引所なので、ビットコインの取引量は日本一です。ビットフライヤーは、ビットコインだけでなく、イーサリアムやリスク、モナコインなどを取り扱っています。

ビットフライヤーの株主

三菱UFJキャピタル株式会社
三井住友海上キャピタル
株式会社電通デジタル
第一生命保険株式会社

取引の始め方

まず、最初にすることはビットフライヤーのアカウントを作ることです。そして、そのアカウントをトレードクラスにします。あとは、取引の資金を入金するだけです。これでビットコイン取引を始めることができます。

取引開始までの手順

アカウント作成
トレードクラスにする
入金
取引開始

必要なもの

ビットフライヤーでビットコイン取引をするときに必要なものは、メールアドレスと携帯電話と銀行口座と身分証です。

アカウントをトレードクラスにする

取引開始までの手順の中で、1番重要なのがアカウントをトレードクラスにする作業です。アカウントをトレードクラスにすることで、仮想通貨の購入・売却、日本円の入出金ができるようになります。

アカウントは、ビットフライヤーのホームページで作成することができます。無料で作れるので、お金はかかりません。アカウントを作成するときに必要なものはメールアドレスです。

アカウントを作成したら、トレードクラスにしてください。トレードクラスにする為には、身分証のアップロードや、郵送書類の受取などの作業が必要です。

トレードクラスにするには

本人情報の登録
本人確認資料の提出
取引目的などの確認
転送不要の書留郵便の受取

入金したら取引開始

アカウントをトレードクラスにしたら、次は取引の資金を入金します。銀行口座などからアカウントに資金を入金してください。入金が完了したらビットコイン取引を始めることができます。

販売所と取引所の違い

ビットフライヤーには、販売所と取引所があります。販売所は、取引の相手がビットフライヤーになります。取引所は、お客同士で取引をします。買ったり売ったりを繰り返す取引をしたいと思っている人は、取引所を利用したほうがいいと思います。

販売所はビットフライヤーと取引
取引所はお客同士で取引

無料アカウント作成

アカウントを作って、トレードクラスにして、資金を入金したら、すぐに取引を始めることができます。まずは、ビットフライヤーのサイトで、アカウントを作成しましょう。

公式サイトはこちら

関連記事

ビットコイン取引の始め方
初心者でもわかるビットコイン取引の始め方
ビットフライヤーの始め方【bitFlyer・ビットコイン】
ビットフライヤーの必要証拠金【bitFlyer Lightning FX】
ビットフライヤーの最低取引単位【bitFlyer・ビットコイン】
 
ビットコイン取引で売りから取引を始める方法【ショート】
ビットコイン取引を始める手順と流れについて
ビットコインの取引を始めるときに必要なもの
ビットコイン取引をするにはいくら必要