初心者でも30秒でわかるCFD取引の始め方

余計な言葉を使わずに、シンプルにCFD取引の始め方を説明します。CFD初心者でも30秒くらいでCFD取引の始め方がわかると思います。

取引所

CFD取引の始め方

CFD取引は、CFD口座を開設して、資金を入金するだけで始めることができます。CFD口座は証券会社などで開設することができます。

取引開始までの流れ

CFD取引口座を開設
資金を入金
取引開始

必要なもの

CFD口座を開設するときに、免許証などの本人確認書類とマイナンバーと銀行口座が必要です。

取引の資金

取引の資金ですが、DMM.com証券のCFDの場合、原油は3000円くらいから、金は7000円くらいから取引をすることができます。日本225(日経225)やダウは、そのときの数字と同じくらいの金額から取引をすることができます。日経やダウが2万なら2万円くらいということです。

CFD取引をするときは、その最低金額以上の資金を用意しましょう。

CFD口座の作り方

CFD口座は、証券会社などで開設することができます。CFD口座を開設することができる会社のサイトで、口座開設の申し込みをしてください。

口座開設の流れ

証券会社のサイト
口座開設の申し込み
審査
口座開設

口座は基本的に無料で開設できます。

おすすめのCFD口座はこちら

資金を入金

CFD口座を開設したら、取引の資金をCFD口座に入金してください。入金が完了したらCFD取引を始めることができます。

取引銘柄

DMM.com証券のCFDの場合、日本225(日経225)・ダウ・ナスダック・SPX500、そしてコモディティの原油・金(ゴールド)・銀(シルバー)、合計7銘柄を取引することができます。

Index
日本225(日経225)
ダウ
ナスダック
SPX500
Commodity
原油(OIL)
金(GOLD)
銀(SILVER)

取引銘柄の詳細や、その他の内容は、DMM.com証券のサイトで確認してください。

公式サイトはこちら

豆知識

CFDとは

CFDは、Contract For Differenceの略語で、意味は差金決済取引です。差金決済取引を簡単に説明すると、その市場の値動きだけを利用した取引です。CFDで原油を買っても本当に原油を購入したわけではないので、自宅に原油は届きません。

売りから入れる

CFDは、売りから取引を始めることができるので、価格が下がっているときでも利益を狙うことができます。

本人確認書類の送り方

CFD口座を開設するときに証券会社へ本人確認書類を送る方法は、アップロードとEメールとFAXと郵送の4つの方法があります。

口座開設までの時間

CFD口座は、口座開設の申込み完了後、数日で開設されます。

審査に落ちることもある

少ないことだと思いますが、CFD口座の開設を断られることもあります。口座開設の申し込みのときの、アンケートや質問への答えが関係していると言われています。

おすすめのCFD口座はこちら
関連記事
 
CFD取引の始め方
CFDとは
CFD取引はいくらからできる?【資金】
CFD取引を始めるまでの手順を説明します
初めてCFD取引をする人におすすめのCFD取引口座
初心者でも30秒でわかるCFD取引の始め方
CFDで日経平均株価(日経225・JPN225)を取引しよう
CFDでダウ(USDJ30)の取引を開始するまでの手順
CFDで原油(OIL)を取引しよう!数千円で取引できます
CFDで金(GOLD)の取引を始める方法【数千円から取引可能】
CFD取引の取引時間
CFD取引のレバレッジ
CFD取引の税金(税率)
CFD取引の繰越控除について
日本225とは?日経225とは違う?
JPN225とは
USDJ30とは
NDQ100とは
SPX500とは
CFDでNDQ100の取引を始めよう!
CFDでSPX500を取引する