CFDとは

CFDは、Contract For Differenceの略語で、意味は差金決済取引です。差金決済取引を簡単に説明すると、その市場の値動きだけを利用した取引です。CFDで原油を買っても本当に原油を購入したわけではないので、自宅に原油は届きません。

売りから取引可能

CFDは買いからだけでなく、売りからも取引を始めることができるので、価格が下がっているときでも利益を狙うことができます。

いろんなものを取引できる

CFDは、金や原油やアメリカの株価指数のダウなど、様々なものを取引することができます。

少ない資金で取引可能

CFDはレバレッジが使えるので、少ない資金で取引をすることも可能です。

関連記事
 
CFD取引の始め方
CFDとは
CFD取引はいくらからできる?【資金】
CFD取引を始めるまでの手順を説明します
初めてCFD取引をする人におすすめのCFD取引口座
初心者でも30秒でわかるCFD取引の始め方
CFDで日経平均株価(日経225・JPN225)を取引しよう
CFDでダウ(USDJ30)の取引を開始するまでの手順
CFDで原油(OIL)を取引しよう!数千円で取引できます
CFDで金(GOLD)の取引を始める方法【数千円から取引可能】
CFD取引の取引時間
CFD取引のレバレッジ
CFD取引の税金(税率)
CFD取引の繰越控除について
日本225とは?日経225とは違う?
JPN225とは
USDJ30とは
NDQ100とは
SPX500とは
CFDでNDQ100の取引を始めよう!
CFDでSPX500を取引する