いらない物を捨てさせたいときは物をもらいましょう

おじいちゃんやおばあちゃん、親や子供、恋人や近所の人など、自分の身近な人間が溜め込んでしまったゴミや不用品やいらない物を、スムーズに捨てさせる方法を説明します。

捨てろと言うと反発する

まず最初に基本的なことですが、ゴミや不用品を捨てられない人、片付けられない人に「捨てろ」と言っても捨ててはくれません。本人はゴミや不用な物だとは思っていないので、この人はなにを言っているんだ?くらいにしか思われません。

そして、同じようなことを何度も言われ続けると、うるさい!黙れ!俺の勝手だ!と怒るようになります。

価値を認めてあげる

溜め込んでいる本人はソレが価値のある物だと思っているので、同じように、価値を認めてあげてください。たとえ本心でそう思っていなくてもです。

もらう

価値がある物なので、捨てたいときはもらってください。知り合いが欲しがっていたとか、職場で使うとか、なにか適当に話を作ってソレをもらってください。

物を溜め込む人は、そういう必要な場面がくるかもと思って溜め込んでいるので、喜んでその物を譲ってくれると思います。

バレないように捨てる

もらったゴミや不用品を捨てるときは、絶対にバレないように捨ててください。一度でもバレたら、もう二度と譲ってくれなくなります。その人の行動範囲には捨てないようにしてください。

関連記事

物を捨てる方法や減らすコツ!部屋を片付けてミニマリストになろう
いつか使うことは無いので捨ててください【ミニマリストになろう!】
究極のミニマリストの暮らし方【ミニマリストになろう!】
想い出がある物を想い出を無くすことなく捨てる方法
物を勝手に捨てたり無断で片付けたりするのは逆効果
ミニマリストになるとこんなメリットがあります
捨てろ!片付けろ!と言っても言うことを聞かない場合
物やゴミを溜め込ませない方法【ゴミ屋敷にはさせない!】