捨てろ!片付けろ!と言っても言うことを聞かない場合

不用品やゴミや、どう考えても必要ではない物をため込んでしまう人に、ソレを捨てろ!と言っても、片付けろ!と言っても、素直に言うことを聞いてはくれません。なぜなら、その人は、そのため込んだ物を必要な物だと思っているからです。まずは、相手がそういう考えの人だということを、理解してください。

場所を変える

そして、同じ人が、同じような場所で、同じようなことを言うと、相手はそれに慣れてきます。慣れてくると、言ったことは相手の頭に入らず、簡単に流されてしまいます。

もし、何度も言っても何もしないようならば、言う場所を変えてみてください。理想的なのは、ファミリーレストランや喫茶店です。周りに他人がいる空間で言うのがベストです。わざわざこんなところで何の話だろうと思わせることが大事です。可能なら、待ち合わせで呼び出し、なんの話があるのか言わないでください。理由がどうしても必要な場合は、食事をするということにしたらいいと思います。

第三者を入れる

さきほど書きましたが、同じ人が同じことを言っても、相手は慣れてしまっているので、相手の頭には入りません。それだと場所を変えたことの効果が弱くなるので、第三者を加えて、第三者に言ってもらってください。

無理に「捨てろ」と言わせる必要は無く、話を聞いてもらってその感想を素直にその場で話してもらうだけでいいです。

普段あまり接しない人の意見は、世の中の意見として頭に入るので、自分が変なことをしていると認識しやすいです。自分のやっていることが変で、迷惑をかけているということを分からせるために、第三者を入れてみてください。

自分の気持ちを伝える

そして、最後に、自分の思っていることを、ゆっくりと丁寧に話してください。落ち着いて、冷静に、ゆっくりと、話してください。うまく話そうとしなくてもいいので、思っていることを素直に全部話してください。

「捨てろ!」と怒って言っても「うるさい!」で終わるだけです。相手に冷静な対応をしてもらいたいなら、自分が冷静にならないといけません。落ち着いて、ゆっくりと話しましょう。

妥協点をみつける

相手の気持ちを理解し、自分の気持ちを理解してもらえたら、きっといままでとは違う雰囲気になるはずです。その雰囲気を感じたら、こう言ってみてください。

「どうやったらお互いが気持ちよく生活することができるのか、いっしょに考えませんか」

そして、話し合い、妥協点をみつけてください。

関連記事

物を捨てる方法や減らすコツ!部屋を片付けてミニマリストになろう
いつか使うことは無いので捨ててください【ミニマリストになろう!】
究極のミニマリストの暮らし方【ミニマリストになろう!】
いらない物を捨てさせたいときは物をもらいましょう
想い出がある物を想い出を無くすことなく捨てる方法
物を勝手に捨てたり無断で片付けたりするのは逆効果
ミニマリストになるとこんなメリットがあります
物やゴミを溜め込ませない方法【ゴミ屋敷にはさせない!】