眠るときの温度を把握し温度調節をすることで快眠できる

暑かったり、寒かったりすると、寝付けなかったり、目が覚めてしまったりします。眠るときは、熟睡できる温度にしましょう。

温度を表示している写真

温度を把握する

まず最初にしなければいけないことは、温度を把握することです。気温は天気予報を見れば把握することができるので、毎日確認してください。眠るときの気温だけでなく、目覚めるまでの気温を把握するのがポイントです。

そして、部屋に温度計を置いて室温を把握してください。これで気温と室温を知ることができるので、眠るときの周りの温度を把握することができます。

湿度を把握する

温度の次に把握しなければいけないのは湿度です。同じ温度でも湿度が違うと、体感温度が変わり、暑く感じたり、寒く感じたりします。良い睡眠をするためには湿度も把握しましょう。温度や湿度の変化が分かっていれば、効果的な対応をすることができます。

温度調節をする

次に、温度の調節のやり方について説明します。室温や体温や体感温度は、服や布団や家電製品で調節できますが、まずは服で調節し、その次に布団、最後に家電製品で調節してください。

毎日使うもの

最後になりますが、眠るときに使うものは良いものを選んだほうがいいと思います。眠るときに着る服や、家電製品や寝具などの毎日眠るときに使う物のことです。良いものは値段が高いですが、毎日使うものほど、長時間使うものほど、ケチってはいけないと思います。

関連記事

睡眠改善!熟睡する方法&快眠するコツ【ぐっすり眠る】
考えすぎて眠れないときにやってみてほしいこと